studio seedbox

マッチ売りの少女

日程:2020/01/10〜2020/01/13まで
開場・開始:1月10日(金)20:00 1月11日(土)13:00/18:00 1月12日(日)13:00/18:00 1月13日(月・祝)11:00
会場: studio seedbox
住所:京都府京都市南区東九条南山王町6-3-3 3F
カテゴリー:劇・ショー
出演者:
チケットの購入・お問合せ:http://www.furosya.com

イベントの詳細

とある夫婦が夜ごと営む「夜のお茶の時間」に、⼀⼈の⼥が訪ねてくる。
夫婦は⼥を気さくに招き⼊れ、3 ⼈による「夜のお茶の時間」が始まる。
何故⼥は夫婦の家を訪ねて来たのだろうか。
“何となく気まずい”雰囲気の中、⼥は突然、静かに語り出す。
「あのマッチ売りの少⼥は、私だったのです。」
⼆⼗年ほど前、⼥は夜な夜なマッチを売っていたという。
まだ七つの頃、マッチを擦って、それが消えるまでの間スカートを持ち上げ、股間を覗かせていたという。
さらに⼥は続ける。
「…私、あなたの娘です。」
しかし、夫婦の娘は七つの時に電⾞に轢かれて既に亡くなっていたという…
そんな中、⼥の「弟」も現れ、事態は更なる混乱へと突⼊する−

“善良”で“模範的”で“無害”な⼩市⺠の⽣活に突如侵⾷するカオス!
忘れ去られた過去の記憶が“進歩的保守派”に⽛を向く!
昭和四⼗三年、第⼗三回岸⽥國⼠戯曲賞受賞。
アンデルセンの童話に戦後の⽇本の⾵景を重ねた昭和の傑作不条理劇に、
平成⽣まれ平成育ちの劇団不労社が令和の時代に挑む!
乞うご期待!



イベントにコメントを残せます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※いたずら防止のため、コメント内にリンクがある場合などは反映までに時間が掛かります。

はじめての方へ